出会い、完全無料ごく短期間の関係さえ築ければ別に構わないと言う捉え方でヤレルアプリを選んでいます

先週インタビューを成功したのは、それこそ、現役でステルスマーケティングの契約社員をしていない五人の若者!
欠席したのは、メンズキャバクラでキャストとして働いているAさん、現役大学生のBさん、クリエイターのCさん、某芸能事務所に所属したいというDさん、お笑い芸人を目指すEさんの五人で
筆者「まず最初に、始めた原因からうかがってもよろしいでしょうか。Aさんから順にお願いします」
A(元メンキャバ勤務)「ボクは、女心なんか興味なく気がついたら辞めていました」
B(現役大学生)「自分は、荒稼ぎできなくてもいいと思って開始しましたね」
C(作家)「オレは、シャンソン歌手をやってるんですけど、まだ素人同然なんでそこそこしか稼げないんですよ。実力をつける為には光の当たらない所からこつこつ陰の努力しなきゃいけないんで人気エロアプリこんな仕事やりたくないのですが、当分アンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(タレント事務所所属)「自分は、○○って芸能事務所にてギタリストを辞めようと考えているんですが、一回のステージで500円しか入らないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトをやろうと思うんです」
E(若手コント芸人)「実のところ、小生もDさんと似た感じで、1回のコントで数百円の侘しい生活してるんです。先輩に紹介していただき、ステルスマーケティングの仕事をしなければと考えました」
意外にも、五人のうち三人が芸能事務所に所属しているという素敵なメンバーでした…、それなのに話を聞いてみたら、彼らにはステマ独自の心労があるようでした…。
新しい出会いが手に入る場を使う人達に問いかけてみると、あらかた全員が、孤独になりたくないから、ごく短期間の関係さえ築ければ別に構わないと言う捉え方でヤレルアプリを選んでいます。
言ってしまえば、キャバクラに行くお金をかけたくなくて、風俗にかけるお金もケチりたいから、料金がかからない出会い系サイトで、「ゲットした」女の子で安価に間に合わせよう、と思いついた中年男性がヤレルアプリという道を選択しているのです。
他方、「女子」サイドは異なった考え方を押し隠しています。
「すごく年上の相手でもいいから、お金持ちで料理ができる人を彼氏にしたい。出会い系をやっているおじさんは9割がたモテない人だから、中の下程度の自分でも手のひらで踊らせるようになるに決まってる!可能性は低いけど、イケメンの人がいるかも、気持ち悪い人は無理だけど、イケメンだったら会いたいな。ほぼ確実に女性はこのように考えています。
端的に言えば、女性は男性が魅力的であること、または経済力が目当てですし、男性は「安い女性」を目標にヤレルアプリを使用しているのです。
男女とも、できるだけお金をかけずにお買い物がしたくて出会いを渇望しているようなものです。
最終的に、出会い系サイトを利用していくほどに、男達は女性を「もの」として捉えるようになり、女もそんな己を「もの」として扱うように変容してしまうのです。
ヤレルアプリにはまった人の頭の中というのは、女性をじんわりと人間から「物体」にしていく類のアブノーマルな「考え方」なのです。

関連記事